家を出発するときに写真を撮り忘れたので、10分ほど走った4号線で撮りました。(汗)
今日は土曜日で今日から盆休みが始まる人が多いので、東北自動車道は渋滞が予想されます。
時間に余裕を持って午後1時に出発しました。
那須塩原ICで高速に乗って北上して、仙台南ICで仙台南部道路へ乗り継いで東へ向かい、仙台若林JCTで北へ向かいます。
仙台東ICで一般道路に降りて、10分ほどで仙台港に着く予定です。

北海道ツーリング1日目、2013年8月10日(土)

費用を安く抑えたいので部屋は2等にしました。
乗船手続きした時に受け取るチケットには、部屋のNoと自分のNoが明記されているので、あわてて場所取りをする必要はありません。
昔は場所が指定されていなかったので、急いで場所を確保しなければならなかったので大変でした。(笑)
あと昔はタオルケットと枕だけだったので、背中や腰が痛くてまいりましたが、今は薄いマットレスがあるので快適に寝られます。
ただし、この部屋はたぶん一番下の階にあるので、エンジンの音がうるさくて、振動で天井の板がかたかたうるさかったのでよく眠れませんでした。
船内には大浴場がありますが、それほど大きくなくて混雑が予想されるので、荷物を置いたらすぐに風呂に行きました。
夕食は寿司とステーキがメインのバイキング(大人2000円)がありましたが知らなかったので、カウンターで時間がかからないカレーライス大盛りにしました。
ただし、席が空いていないので、たくさんある窓の内側に20cm×70cmくらいの平らなスペースがあるので、そこに腰かけて食べました。

北海道ツーリング

「私のバイクGSX−R750」へ戻る

風呂に入って食事もとって落ち着いたので、出航前にデッキに出てみました。
トレーラーでけん引するコンテナがたくさん置いてありました。
この時間になると、さすがに涼しくて気持ちいいです。
明日はいよいよ、午前11時に北海道苫小牧に上陸です。
興奮して眠れないかもです。(笑)

ギヤをローに入れてハンドルはまっすぐにして、前タイヤを前方のパイプにくっつけて駐車します。
ヘルメットはバイクにしっかりと固定できない場合は船室へ持っていきます。
貴重品や洗面用具、着替えを持っていきます。

インターネットで予約した時に乗船名簿を入力しておいたので、乗船手続きはすぐに終わりました。
手続きには車検証と支払いに使うクレジットカードが必要です。
料金は2等が8000円、バイクが10900円で
合計18900円です。

人はブリッジを渡って乗船します。
車とバイクは船の先端が大きく開いて、そこから走って行って乗船します。

これが乗船するフェリー「きたかみ」です。

受付カウンターの横にフェリーの模型が飾ってありました。

17時45分くらいに着きましたが、もうほとんどの人が到着しているようで、少し焦ってしまいました。(笑)

フェリーに乗る前にガソリンを満タンにしておきました。
フェリーは19時40分発ですが、1時間半前の18時10分までに乗船手続きをします。

郡山ICを過ぎて、登りやカーブが多い山岳部に入ると、4箇所くらいで渋滞が発生していました。
登りやカーブが多いとスピードが落ちてしまい、後続車がブレーキをかけるので、後ろの車ほどスピードが落ちて渋滞になるようです。
私のバイクはスズキ自慢の油冷エンジンですが、走っているとエンジンの熱が後方に流れてきてアルミフレームがかなり熱くなっていました。
ニーグリップをしていると、太ももの内側がやけどをしそうになるので、足を少し開いて走りました。

高速は予想通り混んでいましたが、渋滞はなくスムーズに流れていました。
ただし大きなサービスエリアはかなり混雑していたので、あえて小さなサービスエリアで休憩しました。
この日は気温が35度くらいあって、猛暑だったので20分くらい休みました。
熱中症も怖いので水分をたくさんとります。

北海道ツーリングは20代後半に6回くらい行きましたが、結婚してからはとても無理なので行けませんでした。
定年退職するまでは北海道ツーリングはできないと思っていましたが、今年の盆休みは仕事の都合で9連休になったので、家族の理解を得て(というか、なかば強引に)行くことになりました。
期間は帰ってきてから2日間は休まないと体がきついので、7日間にしました。
北海道までの往復で2日かかるので、実質北海道内のツーリングは5日間になります。
まずは本州から北海道に渡るフェリーを選びます。
出発地は栃木県矢板市なので、太平洋フェリーの仙台〜苫小牧にしました。
このフェリーは仙台を夜7時40分に出航して、翌日午前11時に着くので、時間の無駄が少なくて好都合です。
フェリーの予約は乗船日の2か月前の日の朝9時からできます。
予約の方法は電話とインターネットがありますが、電話ではつながるまでにかなり時間がかかるので(25年くらい前は40分くらいかかりました)インターネットの方が確実です。
時計を見ながら9時になったらすぐに申し込んだら、20秒くらいでページが開いて予約ができました。
電話で予約しようとした人の話では、やはりなかなかつながらなかったそうです。
ちなみに、1時間後に予約状況を見てみると、2等のような安価な部屋は、すでに完売になっていました。