ロードスタークーペ
マツダロードスター
4ドア スポーツカー
マツダロードスター
サーキット
オープンカー
マツダロードスター
スポーツカー
マツダロードスター
サーキットクイーン
キャンペーンガール
マツダロードスター
マツダロードスター
マツダ
ロードスター

遅ればせながら2003年筑波サーキットで行われたマツダフェスタを紹介します。
マツダフェスタは年に一度筑波サーキットで行われています。
この日は天気も良く、クルマもドライバーも気持ちよさそうに走っていました。

マツダロードスターのクーペが展示してありました。
コンパクトなクーペに乗りたいけど、オープンカーはちょっと、という人にはいいのではないかなと思うのですが、いかんせん今はこういう車に乗る人が非常に少ないから売れないのかなあ。
この前、自動車雑誌を見るとマツダがNAロータリーを積んだ小型FRスポーツカーRX−3?を開発中という記事が載っていたけど、これって新型RX−7?
とても楽しみですね。
若い独身の人には、ぜひこういう車に乗って欲しいと思うのは私だけでしょうか。

この頃はRX−8が発売されて間もない頃だったので展示されていました。
RX−8はコンセプトや走りは非常に良いのですが、デザインが今一ですね。
後ろは良いのですが、前のフェンダーの形がどうもクラシックカーのように見えます。
あと、グリルがおちょぼ口みたいに見えます。グリルをNB2ロードスターのように横長の形にして、フロント先端を少し伸ばして低くワイド&ローにした方がずっとかっこよくなると思います。

マツダスピードバージョン

パーティーレース仕様車

ガライヤがありました。
かなりコンパクトですね。
ロータスエリーゼを目指したのでしょうか?

こちらは恒例のマツダロードスター メディア対抗4Hレースです。
ハチロクと同じカラーリングのマシンがありました。ナンバーも86です。
毎年、いろいろな芸能人やレーサーも参加して白熱したレースが観られるそうです。
でも参加している人はイコールコンディションなので面白いでしょうが、見ている方はカラーリングが違うだけで見た目もノーマルなので今ひとつという感じです。
午後4時頃スタートするので、ゴールまでは見られません。
家まで2時間かかるので、帰りが遅くなってしまいます。
生で観るレースは耐久よりもスプリントの方が良いですね。

こちらはマツダロードスターパーティーレースの参加車両です。
こういうのを見ると自分も参加したくなってしまいますね。

RX−8の開発者とゲストのトークショーがありました。
話を聞いていると、マツダのスポーツカーにかける情熱や意気込みが伝わってきます。
一番右の人は「サーキットの狼」で有名な池沢さとし氏です。
スーパーカーを何台も所有しているそうです。
うらやましい。

こちらは、お約束のキャンギャルです。
この日の一番は、左上のコスモ石油ギャルでした。
ホリデーオートのおねえさんはかなりノリノリでした。(笑)

スポーツカー、ロードスターイベント

2003筑波マツダフェスタ

「スポーツカーイベント」へ戻る

NBマツダロードスターは俊敏